看護師転職〜看護師になってからの就職・転職

MENU

看護師になりたい

 

女性というのは小さいころの将来の夢として、看護師になりたいと思っていた人が多いのではないでしょうか?

 

成長してからも、その看護師になりたいという夢が変わらず、看護師を目指している人も多いでしょう。

 

 

看護師というのは国家資格となっていますから、その国家資格に合格しなくては看護師として働くことはできません。

 

そして、その看護師の資格を手に入れるためには、看護専門学校や看護短大、看護大学のいずれかに進学をして、専門の学科を学び、試験に挑まなくてはなりません。

 

看護師というのは、患者さんの命を守らなくてはならないわけですから、専門的な知識や技術が求められることになるのですから、資格が必要になるのは当然のことです。

 

 

看護師としての専門的な勉強を学校で学んでいない人は、看護師の国家資格の試験条件を満たすことはできません。

 

看護師の資格を受けるためには、看護師として必要な勉強を3年以上看護師学校で学ぶこと、看護師学校を卒業した人でなくては受けることはできません。

 

看護師として働くためには、看護学校に入学をして、必要事項を満たすことも必要ですし、資格に合格をしなくてはなりません。

 

看護師の国家資格は毎年90%前後の合格率になっているのですが、しっかりと勉強をしておく必要があることは間違いありません。

 

資格を手に入れるまでに3〜4年かかることになりますが、看護師は求人が多いですし、医療機関は倒産しづらい業界でもありますから、安定した職場と言えるでしょう。

 

 

最近は、徐々にそうではなくなってきているようですが・・・私の知り合いのクリニックは経営がうまくいかず、立て続けに2件閉院しました。

 

そのうち一人は、多額の借金を抱えて夜逃げ同然にいなくなったようです。

 

まあ、普通に経営していればこんなになることはないのでしょうが・・・

 

 

.みんなが看護師になりたい理由は?

 

 

どうして看護師になりたいと思うのかというのは、人によって違っているものです。

 

自分が看護師になりたい理由と他の人たちの看護師になりたい理由が違っていても珍しくありません。

 

人に感謝をされたくて看護師になりたい人もいますし、誰かを助けたくて看護師になろうとしている人もいます。

 

 

誰かのためになりたい、役立ちたいという理由だけではなく、安定性のある職業を求めた結果、看護師になりたいという人もいます。

 

医療機関というのは、簡単には倒産をしませんし、求人もたくさんあります。

 

ですから、安定性や転職しやすい職業を考えて、看護師が望ましいという人もいます。

 

それに看護師になりたいという理由がどうであれば、本気で看護師になりたいと思っているのであれば、それでいいのではないかと思います。

 

看護学校の面接や就職で面接を受けるときに、どうして看護師になりたいと思ったのかを質問されることがほとんどですが、ここで本音を語らない場合、見破られる可能性が高いでしょう。

 

面接官というのは、これまでに多くの人を面接しているわけですから、こちらの建前と本音が違っているのであれば気づかれてしまいますし、印象も悪くなってしまいます。

 

ですから、看護師になりたい理由がよほど酷くないのであれば、自分の素直な志望理由を騙ればいいのではないかと思います。

 

看護師になりたい理由は分からないけど、看護師として働きたいと思うのであれば、自己分析をしてその理由を突き止めたほうが良いでしょう。

 

 

自分が看護師になりたい理由をはっきり自覚していれば、将来なりたい看護師像も明確になってくると思います。

 

そこさえしっかりと持っていることができれば、もし間違って自分に合わない職場に就職してしまったとしても、おちついて行動することができます。

 

たとえば、転職して目標とする理想の看護師に近づいていくことも可能です。